だし醤油の京蔵。讃岐 金毘羅の麓で出汁をとり続けて八十年。
本場讃岐うどんのだしの味をご家庭にお届けいたします。



RSS

伊吹のいりこ


伊吹のいりこ『いぶきのいりこ』 頭もお腹もそのままで美味しいだしのとれる伊吹のいりこ。温暖な瀬戸内海ならではの味です。
香りの大者 伊吹のいりこ
頭もお腹もそのままで美味しいだしのとれる伊吹のいりこは日本一だといわれ、テレビで紹介される事も度々です。
全国の料亭や料理研究家の方等、プロの目から見ても人気があり美味しいだし作りには 伊吹のいりこが最適 といわれています。
伊吹のいりこはカタクチイワシという魚の稚魚なんです。ちりめんとなる 『しらす』が少し成長した状態で『かえり』とも呼ばれます。 【利尻昆布】【枕崎の鰹】【伊吹いりこ】【琴平の水】、この4つの中で特にこだわっているのがこの伊吹のいりこです。
瀬戸内海でしかこの良質のいりこが取れず、古来よりうどんのだしの秘訣とまで言われてきた伊吹のいりこ。そのいりこを 贅沢に使用する ことによって生まれる香りは絶品です。
お客様からも『これが醤油ですか?』『想像と違うんですけど・・・』との声も多数寄せられますが、その声の元は実はこの伊吹のいりこが重要な位置を占めているでしょう。
稚魚
カタクチイワシの稚魚から【伊吹のいりこ】はできます。
伊吹のいりこ
煮て乾燥させた、「煮干しいわし」の事をいりこと呼びます。

伊吹のいりこは、お腹を取らなくても美味しいとされますが、
厳密にはその腹わたからでる風味こそが伊吹のいりこの値打ちなのです。